投資をすると意気込んでも、まず何をするべきなのかちんぷんかんぷんな状態ではどうしようもありません。株式投資の基礎知識を身に着けてみましょう。

株のスキルアップのイメージ

投資初心者が気をつけること

投資初心者が気を付けるべきことはいくつかありますが、最も重要なのは利益が出ると確定しているわけではないことです。
大銀行の定期預金などであればリスクはほとんど無いでしょうが、そうではなく不動産や証券、外貨といったものに投資をするのであれば損失が出る可能性は十分あります。
従って一つのものに対して全額を投資するなどのことになってしまうと、それが失敗した時に立ち直れないほどの大損が出てしまうことに繋がるのです。
このことは極めて重要なリスクとして考える必要がありますから、分散投資を心掛けてリスクを抑えなくてはなりません。

また負けた時には引きさがることも大切です。
投資の際には負けた分を一気に取り戻そうとしてさらなる投資に取り組んでしまいがちですが、これは初心者ほど陥りがちなミスです。
もちろんリスクが低いものに資金を回して負け分を回収するというのであればまだわかるとはいえ、株式で負けた分を株式で一気に取り返すなどの考え方は負けをさらに大きくすることに繋がる可能性が高いのです。
負けた後に「負けたのだから次は勝てる」という保証のない妄想に囚われてしまいがちなのも初心者の特徴ですから、この負けた時は一度引きさがって冷静になるべきというポイントは常に注意しておく必要があります。

あとは知識をしっかり蓄えること、自分の知識に慢心しないことも大切です。
初心者であることを自覚してよく勉強しているというのはとても良いことなのですが、勉強したからという理由だけで身の丈に合わないリスクを背負ってしまっている人は時折見受けられます。
知識と経験は同じものではなく、投資の場では経験があって初めて知識が生かせるということも多いですから、まずは小さな投資を繰り返してリスクを抑えつつ経験を積むようにしましょう。