投資をすると意気込んでも、まず何をするべきなのかちんぷんかんぷんな状態ではどうしようもありません。株式投資の基礎知識を身に着けてみましょう。

株のスキルアップのイメージ

規制が緩いジュニアNISAでマーベラスへの投資を

初めて株などへの投資を行なう人にとっては分配金などの利益が非課税になるNISAはとても重宝する制度ですが、NISAが最初に登場した2014年はもともとは年間の限度枠は100万円でした。
しかしその後規制緩和されまして現在では120万円になっています。
額が増えたこと自体もそうですが、120という数字は一か月にしますとちょうど割り切れて10ずつになりますのでその面でもわかりやすくなりました。

また、同じ時期に規制緩和されたものにジュニアNISAの設立があります。
こちらは対象者は0歳から19歳までの子どもですが実際の運用管理者は特に祖父母を想定していまして、例えば孫の教育資金に充てることにポイントがおかれています。
こちらは年間の限度枠は80万円ですが、祖父母も含めた家族全員で枠を使いますとかなりの額が利用できますのでとても得です。

なお開設時の手続きの違いとしましては、ジュニアNISAの方は住民票が不要でマイナンバーだけで開設できるようになっています。
そうしますといずれにしましても、投資の際に注目するのは子供たちも知っている銘柄がよいということになりますが、その一つがマーベラスです。
マーベラスはアニメーションからゲームや興行を企画し制作する会社です。

最近ではアニメーションや漫画から舞台化した興行が特に注目されていまして増収となっていますが、今年は何と言いましても人気ゲームの大ヒットです。
歩きながら登場キャラクターを捜していくゲームはまず外国から火がつき日本でも大ブームとなっています。
現在はこれに関係するあらゆる企業が好調の状態ですが、マーベラスも大手おもちゃ会社と組みこのゲームのキャラクターが登場するマシンを開発して今子どもたちの目を奪っています。
このゲーム関連の好調は当面続きますからマーベラスへの投資も今後も有望です。